difference

歯科医師から見た、他のアライナーとの違い

他のアライナーとの違い

抜歯症例など、今までのアライナーでは難しい症例にも対応。骨格上の問題以外は全て対応可能です。

傾斜移動ではなくアライナーでは難しいと言われている歯体移動で歯牙移動を行い最初の治療計画通りに矯正を進めていく事を可能にしたITマウスピース矯正です。

マウスピース矯正ならではの強みを生かし矯正力を加えております。

歯並びだけで考えるのではなく、噛み合わせや身体との関係も考慮しております。

咬合に関しては咬合高径を作り、口腔内のアーチを広げる事が大切だと考えております。

つるかめアライナーを安心して導入頂ける4つの理由

1. GPの先生も導入可能です

診断・治療計画を全てラボで行っております。先生方は模型やstlデータをラボに送って頂ければ適応症例か、治療期間がどれくらいになるのか?どこの歯を抜歯・ディスキングする必要があるのか?アタッチメントが必要な場合も全てラボからお送りする指示書でわかるので、安心して今まで通りの治療にプラスして歯列矯正を患者さんにご案内して頂けます。

2. 最初の計画通りに進みます

つるかめアライナーはマウスピース矯正で起こる多くのトラブルの理由を解明し独自にシステムを開発致しました。マウスピース矯正は患者さんが着用時間をしっかり守っていても、ズレが生じてしまう事は明らかです。そのため3か月毎(12週ごと)に印象を採る事で治療計画通りに進んでいるか?遅れている歯があれば次のマウスピースで調整をしながら治療を進めていきます。システムに自信があるので追加費用は頂きません。

3. 咬合を考えた治療計画

歯列不整を根本的に解決することを考えています!なぜそのような歯並びになったのかを考えて矯正しなければ後戻りも起きやすく、ムリに歯並びを整える事で思うような結果にならなかったというようなトラブルになり兼ねません。患者さんの多くは歯並びが良くなれば噛み合わせも良くなると考えている方が多いと思います。一時的な解決ではなく、患者さんの未来も考えた矯正を行いたいという想いでおります。

そのためにつるかめアライナーでは歯列のアーチを広げることを考え治療の最初の段階で臼歯移動をいたします。臼歯をしっかり治療してあげる事でスペースの確保も可能になり、不要な抜歯が減らせると考えております。アライナーで苦手な歯牙の圧下も可能ですので矯正後の咬合トラブルが極めて起こらないシステムです。

4. 日本国内で製作しております

日本人の骨格まで考えて作った新システムです。製作を日本で行っております。ご質問などに対しても早急な対応を心がけております。

また、事務局で患者さんからのご質問にも対応しております。LINE@を使用し潜在ニーズのある方ともコンタクトをとったり、様々な場所に出向きなぜ矯正をした方が良いのか?その中でもつるかめアライナーがよいのか?などをお伝えしております。

導入に関してご不明点はありませんか?
お気軽にお問い合わせください

043-246-1811

電話問い合わせ受付時間 10:00~17:30

LINEやメールでもお問い合わせいただけます。
早急なご案内を心掛けております。

メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ