difference

患者さんから見た、他のアライナーとの違い

意外と知らない歯列矯正について

再生能力がない歯ですので、抜いてしまった歯はもう生えてきません。後悔しないためにもしっかりと矯正メーカーや歯医者さんを選びましょう!

そのために矯正する皆さんがしっかりと情報を選択し、知っておいたほうがよい内容です。

①歯列矯正といっても考え方は何通りも存在するという事を知る事です。

歯列矯正チャート

残念ながら、歯列矯正をすれば嚙み合わせまでしっかり調整されると思ってしまいますよね。

実際にはこのように、「歯並びを綺麗に並べる」ことが目的の歯列矯正と「歯並びを綺麗に並べて機能性(嚙み合わせ)まで考えている矯正が存在します。

そして、他のシステムや提携先の歯科医院以外で嚙み合わせまで考えられていない矯正をしたために嚙み合わせが悪くなり、「顎関節症になった。」「笑いにくくなった。」「口があきにくい」といった方々から相談を頂いております。

そのような方々も安心してつるかめアライナーで、再治療されています。

②抜歯と非抜歯について

考えてみてください。口腔内に歯が重なることなく並べるだけのスペースはありますか?スペースがしっかりとあったら歯が重なることはきっと起きていませんね。

このように口腔内の状況によっては抜歯をしないと歯がきれいに並べられないこともあるのが事実です。

歯を抜かず、削らずに矯正することが一番の理想かもしれませんが、現実的には難しいと思って頂いたほうが良いかもしれません。

一方で、抜く必要のない歯を抜いてしてしまうと口腔内のスペースが狭くなる事で、口元が内側に入り老け顔と言われる原因にもなり、さみしい風貌になってしまいます。

見た目が変わるだけでなく、呼吸がしずらくなり酸素がうまく取り込めないといった事まで起こっていくのです。酸素がうまく取り込めなければ脳に酸素がまわりずらくなり、ボーっとしてしまう原因にも繋がります。

反対に、口腔内にスペースがないのに無理やり並べてしまうと、口元が前に出てしまいます。

不安な事がある方は1か所で決めず、セカンドオピニオン、サードオピニオンを聞いてみてはいかがでしょうか。大事なことは、なぜ歯並びが悪くなってしまったのか?を考えて矯正をする事です。

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違い

マウスピース矯正
マウスピース矯正
【装置概要】
進歩した次世代の成形技術と新材料に装置を作成するためにコンピュータを使用し治療計画を立て、
弾力性のある透明な高分子樹脂材料を使用してそれぞれの過程ごとにマウスピースを作ります。
【見た目が良いか】
【表面にブラケット、ワイヤーなどが付くか】
×
【必要なときに装置を取り外すことができるか】
【食事、飲食が正常にできるか】
【ブラッシング清掃が綺麗にできるか】
ブラケット矯正
ブラケット矯正
【装置概要】
歯の表面にブラケットを接着しワイヤーを装着します。
【見た目が良いか】
×
【表面にブラケット、ワイヤーなどが付くか】
【必要なときに装置を取り外すことができるか】
×
【食事、飲食が正常にできるか】
【ブラッシング清掃が綺麗にできるか】
×

導入に関してご不明点はありませんか?
お気軽にお問い合わせください

043-246-1811

電話問い合わせ受付時間 10:00~17:30

LINEやメールでもお問い合わせいただけます。
早急なご案内を心掛けております。

メールでお問い合わせ LINEでお問い合わせ